もっと上手に生きられたらよかった

アスペルガー症候群とADHD、双極性障害の医大生が自分を観察するためにブログを書いてみます

愛だの、恋だの

 

愛だの恋だの、それらは私が今一番欲しているもの。

 

異性から抱かれる恋愛感情という名の絶対的な肯定が欲しい。

 

 

さっき友人とご飯を食べながら、恋の話をした。

その子には彼氏がいて、幸せそうで、愛されていて、お互いを必要としていて、心底羨ましいと思った。

誰かを好きになって、仲良くなる過程を経て恋人になる、そんな誰もがしている普通のことを、どうして私はできないんだろう。

もしかしたら恋愛は誰にでもできるものなんかじゃなくて、心に余裕がある人間たちの高等な遊戯なのだろうか。そんな風にさえ思える。

 

自分の恋愛観を人に話そうとすると惨めでたまらなくなる。

 

私は誰にも愛されない人間です。

もし万が一何かの間違いで、好きだと思える人が同じように私に好意を持ってくれたとしても、その人の人生のうちで貴重な若い時間を、私なんかのために消費して欲しくないです。

 

こんな恥ずかしいことが誰に言えましょう。

 

 

私のことを好きになって。

 

そんなおこがましいことどうして言えましょう。

 

 

 

 

 

もうどうしたらいいのか全然わかんないね。

 

 

 

他力本願でごめんなさい。誰か私をドブの底から掬い上げてよ。自分じゃどうしたらいいのか、もう全然わかんないからさ。