もっと上手に生きられたらよかった

アスペルガー症候群とADHD、双極性障害の医大生が自分を観察するためにブログを書いてみます

なんとなく躁

先生の言うように、少しずつ躁鬱の波は小さくなってきているのかもしれない。

リストカットもあまりしなくなった。

ちょっと前まで過食衝動がひどかったけれど、昨日あたりから少しずつ食欲が失せ始めた。

今は躁から鬱への移行期間だけど、なんだかすごく緩やかなように思える。

こうやって少しずつ気持ちが安定していくのだろうか。

それともあらゆることに対して諦めがついてしまったのだろうか。

 

学校にはあまり行けてない。家事もきちんとできない。

これが躁鬱のせいなのかADHDのせいなのかわからないけど、きっといつかちゃんと生きられるようになるのかもしれない。薬に頼ることで。

 

もっとちゃんと生きていきたい。毎日思う。

生きていきたいと思えるだけ進歩したんだろう。

全てを放棄して、世界が突然終わることだけを望むのはもうやめないといけない。そうじゃなきゃお金を払って通院している意味がないもの。

多分病気はいい方向に向かってる。そう書き記すことでいつか完全に私は私を騙すことができるんだと思う。

 

 

最近お酒を飲むと体が痛くなる。ビタミン不足らしい。

タバコが美味しく感じない。この箱を吸いきったら禁煙しよう。

 

もしかしたら、しばらくは手首を切らなくてもやり過ごせるかもしれない。

 

そうしたらちゃんと、誰かに心を開いてみたい。