もっと上手に生きられたらよかった

アスペルガー症候群とADHD、双極性障害の医大生が自分を観察するためにブログを書いてみます

私が私であることにうんざりなの

君の想像しているような話ではないよ。

そう言いたかった。私が死のうと思っていたことを話した時のこと。

 

友人を大切にしないといけないのは当たり前のこと。

だけどどうしても、全てを拒絶してしまう時期があるもの。

それが今。うつ期間の今。

どう頑張ったって、全力で外面を作り上げることが不可能な時期なんて誰にだってあるじゃない?ごめんね、期待をしないでよ。

 

 

バイト終わり、不覚にもコンビニで買い食い、、、過食とまではいかないけれど。

家に帰ったら速攻吐いちゃおうと思っていたのに、友人からお誘いが、、、。

明日は置き換えドリンクで過ごそう。辛くなったら寝てしまえばいい。

 

そろそろ掃除をしなきゃってわかっていてもうつの期間にそんなこと満足にできるはずもない。うつ期間の部屋の汚さといったら!!

 

最近引っ越してきたお隣さんが、同じ大学の人だと判明。

これから迂闊に過食材料を買い込めないな。

いや、過食なんてしなければいいのだ。

 

 

明日は学校に用事があるから歩いて行こう。

そうやって少しずつ帳尻を合わせて生きていくのだ。

生きていくのだ?生きなければならないのか?うんざりだ。

 

春の嵐で風が強い。

 

不愉快である。咳が止まらない。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村