もっと上手に生きられたらよかった

アスペルガー症候群とADHD、双極性障害の医大生が自分を観察するためにブログを書いてみます

文字を刻むとは

 

唇の裏にタトゥーを入れました。

サンスクリット語で「救済」という意味の言葉。

少し痛かった。歯医者さんに来ているような気分だった。

可愛いから何度も鏡で見てしまう。

 

最近は、小児科クリニックのバイトを辞めた。

あれは今思えば洗脳だった。

やっと解放されたのだ。

 

新しく雑貨屋さんでバイトを始めようと思って面接に行ったし、採用の連絡も来てお店にも行ったけど、、、結局断ってしまった。詳しく書くのは面倒だけど、店長から説明を受けている時や書類の提出、その他諸々の場面で見事にADHD炸裂してしまい店長を怒らせたので、多分ポンコツは治らないし私には無理だと思って辞めてしまった。

なんでかな、飲食の方は細く長く続いているのに。

 

結局最近は鬱なのか躁なのかはあんまり良くわからんが、まあふさぎこみ気味ではある。過食嘔吐してる。はあ。自分でご飯を作らなきゃって思う。買うにしても、一人前を買わなきゃって思う。何かにとらわれて過食嘔吐するわけじゃない。前ほど勢いよく食べられるわけでもない。買い物依存なのか?コンビニで食べ物をカゴに次々と放り込む感覚に依存しているのか?我慢ができないのか?なんでだろう。なんのために私はいつまでもこんなこと繰り返すんだろう。別に摂食障害じゃないのに。

 

 

わかんないね。何にもわかんないや。

日毎に思っていることだけを書き綴っても何かの救いになるとは思えない。

頭を使って考えないと。未来を想像して、創造して、そうやって生きていかないといけないのに。生きるということは、次の何かを求めて貪ることだと思います。そ

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村